札幌。

親父は今回の北海道の地震で
自分の兄弟のことを心配していない。

札幌でも震度4。
こっちで30年ごとに起きる
大きな地震で揺れるのが震度4強。

同じ程で向こうは
直下型だし、
あまり地震に慣れてないし、
心配しても良いのだが。

変化のあまり無い日々の親父。
何かと普段会話しない人との会話は大切。

ということで、
俺から叔父に電話しなくて良いのか?
と聞いてみた。

すると、
そうだな、しておいて。と。
は?しておいて?

いや、アンタのいるとこでする。
っで、アンタに代わるから話した方が良い。
そういうと、そうか的な反応。

こーいうのまで人任せとは…。

っで、叔父へ夜電話した。

怖かったが全然大丈夫だったらしい。
液状化のエリアも違うし、
断水のエリアでも無かったようだ。

ダイワハウスで建てた家は、
やはり良い。

揺れはしたが、
物が落ちることも無く、
周りの家は被害があったものの
叔父の家は被害がなかった。

前に行った時、
新築ということで、
色々見させてもらった。

寒冷地の家としての性能は、
若干、こーしたら良いのにと
思うとこはあったが
見えない床下などの作りが
キレイに仕上げているので
信用できるなとは思っていた。

大手ならやっぱダイワハウスだな。

親父に電話を代わり、
結構長めに話をしてた。
自分の糖尿の話も呑気に話してた。

イラッとしながら聞いていたが、
ま、久しぶり話せて良かったのではないかな。

しかし、親父が
叔父に奥さんと代わってと言う時、
何年も声聞いて無いからと。

いや、この前、夏
声とごろか会ってるじゃん…。
こーいうとこは、さすがに痴呆か…。

叔父たちとの話の中に、
ん?と思うとこがいくつかあったが
昨日親父に話したことを覚えてたりする。

血糖値が高い時に
何食べたと聞かれるが
何も食べてない、何食べたかな?と言うと、
そー言わないと怒られるからと。

そー叔母に説明してる親父。
バカなのか?
何食べたか?問題ではなく、
血糖値が上がってることが問題なのに。

ケータイから漏れ聞こえてくる叔母の声。
ダメだということを諭している。

それに対し、
笑い話のように話す親父。
情けない。

今回は、電話で話させることが目的だから、
その会話でイラついたことは、
堪えたがやっはりイライラする。

薬も増えたというのに。

[PR]
by Nnnnnnnn0 | 2018-09-12 00:25 | Comments(0)

介護が必要になって来たと思う今日この頃。元々の性格と認知症の間に。何気ないことなどを綴って置くブログ。


by Nnnnnnnn0