とうもろこし。

昼珍しく親父が選択したのは、
ハーフのカツ丼。

ごはんが通常の半分、
カツはしっかり入っている。

これなら、低いとは言わないが、
血糖値が然程上がらないだろう。

結果、夜の血糖値は169。
高いが、範囲内ではある。
微妙な感じ。

そして、問題は旅行に無かった。
その後にあった。

ウチの実家に寄って
近所から貰った野菜を分けたいというので
温泉に行ったついでに寄った。

親父も久しく向こうの親と会ってないので
軽めの挨拶をと。
と、ここまでは問題ない。

これ持ってって、という中に問題が!
それは、トウモロコシ。
糖の高い食材で、親父の好きなモノ。

ヤバいなーと思っていたら、
案の定、トウモロコシを要求…。

俺は、親父に血糖値見てだなーと。
それには、あまり反応せず。

すると、夜の食事を出した際、
ウチのに俺に黙って
持って来てと言ったらしい。

はぁ?黙って持って来てって…。
そんなんする訳ないだろ…。

当然、報告を受け、
俺の方で言うから良いよと。
血糖値を見ながら
摂取可能な分量をあげるしかない。

何が問題かというと
栄養素にある。

親父が最近ヨロヨロしてる。
本人は、糖を抜いたから
体重が減ってフラつくというが。

糖を抜いてフラつくなら低血糖。
だか、親父は食欲が減らず、
とても低血糖にはならない。

親父のフラ付きは、
筋力の低下だろう。
殆ど一日中ベッドの上で
筋力が付くわけがない。

この解決策は、
当然、体力回復だろう。

その為の栄養素が不足してる。
ビタミンB1など、鉄やたんぱく質など、
特にビタミンは、フルーツからとなるから
血糖値範囲内で摂取出来るようにせねば。

それが、
糖の多い野菜を食べさせられない理由。
一切という訳ではないので
三分の一とか出すことは可能。

しかし、黙って持って来ては、
食後の話で、食べてはいけない時間。

まったく、自制心ゼロ。
散々言葉では、
自分は自制してる感を出してるが
まったくやる気なし。

今日はなかなか良い感じかと思ったのに
最後にこれか…と。

こっちが体調悪いのに
温泉に連れてってこれじゃーね。

[PR]
by Nnnnnnnn0 | 2018-08-01 23:08 | Comments(0)

介護が必要になって来たと思う今日この頃。元々の性格と認知症の間に。何気ないことなどを綴って置くブログ。


by Nnnnnnnn0