胸の痛み。

親父が糖尿の薬を何日もしかすると数ヶ月投与してないらしい。
その事を聞いてから、毎日朝確認する。

今日も確認しに行くと
やはり投与していなかったので、
投与するように言って使わせた。

胸が痛いんだよね、病院行きたいと言い出す。
本人曰く、追突事故の際、
ハンドルに打ったからだと。

早速、病院に連れて行った。
車屋で事故の保険の手続きがあるので
病院に親父を置き車屋に手続きに向かった。

去年3月に新古車を買って
その2日後、家の角と雨戸にバックで擦り
左ドアから後部に思いっきりキズ。
っで、一年後追突事故で前を大きく破損。

保険屋も加入して
毎年大きく金額がかかる事故を起こすとは、
なんてこったの大赤字で可哀想。

手続きを終えて、病院へ戻った。

親父に診察状況を聞いたら
レントゲン取って異常ナシとのこと
支払いを待ってるとこだと言う。

支払いは車の保険を使うので
後日のはず、会計は無いのでは?と
会計に行きそのことを確認。

すると、なんとまだ診察済んでないという。
レントゲン技師が異常ないと言っただけで
医師からの話は、まだだというのだった。

親父に診察した?先生から話聞いた?してないよねと
看護婦さんが確認すると
してないと親父も認識はあった。

記憶障害ではなく、勘違いで良かった。
しかし、診察が終わってないのが分からないとは、
勘違いや判断ミスで考え良いのか?
記憶障害の一種なのだろうか?

打撲との診断で痛みが1週間しても引かなければ
また診療してくださいとで診療終了。

その足で事故証明の手続きをして、
昼を食べて、食事の買い物して帰った。

明日は、私が出かけられないので、
買い物は、明日出ないように明日の分も。
親父は、カップラーメンを買って、これで大丈夫と。

私の出れない時は、
我慢してもらうことも慣れてもらわなきゃと。
親父は、それを受け入れたようで、
少し安心した。


[PR]
by Nnnnnnnn0 | 2018-04-04 10:00 | 日常 | Comments(0)

介護が必要になって来たと思う今日この頃。元々の性格と認知症の間に。何気ないことなどを綴って置くブログ。


by Nnnnnnnn0